背が伸びる方法をご紹介

どうすれば背は伸びる?背が伸びる方法を紹介

    

junk

子供の背がなかなか伸びない。ほかの子と比べ小さい方で、何とか身長を伸ばして上げたい。どうすれば背が伸びるのでしょうか?

それには、まず欧米化された日本文化を正す必要があります。つまり夜型生活をやめるということです。

デジタル社会になり、テレビを遅くまで楽しんでいたり、ゲームをしていて寝るのが遅くなると、ゴールデンタイムと呼ばれる成長因子の分泌が悪くなります。この時点でマイナス点だと言えます。

また食事も大切です。先に述べた欧米化というもので日本の食卓は随分と様変わりしました。肉類中心になり、脂っこいものが多くなる、逆に魚や野菜がすくなくなってしまうというものです。

またジャンクフードやお弁当、スナック菓子なども現代社会には便利だけれど、あまり良くないと言われているものばかりです。

これらは背が伸びるのを邪魔していますから、できるだけ排除したほうが良いでしょう。

ねる子は育つ、は迷信ではなかった

では、どうすれば背が伸びるのか?どんな背が伸びる方法があるのか?

それは、しっかり睡眠をとるのが第一です。成長ホルモンというものは眠っている間しか分泌されませんから、寝る子は育つ、まさにそれは正しいのです。

夜10時から深夜2時までの間が、もっとも成長ホルモンが分泌されるとされ、身長も伸びる時間帯です。

この時間に熟睡していないと成長が伸び悩む恐れがありますから、夜更かししている子ども、共働きで子供を好きなようにさせている親がいるのなら、まずは睡眠から整えましょう。

また背が伸びる方法として運動をするのも良いですね。一言で言えば、ジャンプする運動が良いです。

何故バスケット選手はあんなに背が高いのか?それは小さいころからジャンプし続けてきたからです。骨に直接、圧力、負荷をかけることで背が伸びるからです。

正しい姿勢で立つだけでもインナーマッスルに働きかけができる

あなたはもしかすると猫背かもしれません。もしくは立ち姿が正しくない恐れがあります。

そのような姿勢では背が伸びることはありません。実はまっすぐきちんと立つことが背が伸びる方法だということが分かっています。

実際、体の歪みをとるだけで、身長が2センチから3センチ変わるということもありますから、左右のバランスの悪い人は整体へ行ってみるのもよいでしょう。

今は子供でも持っている携帯電話、スマートフォンですが、パソコンやテレビゲームなど、あぐらをかいたり、姿勢が斜めになることも多くあります。

夢中になってゲームをしている子供には姿勢のことなど忘れてしまうのです。栄養のあるものを食べ、しっかり眠っていて、背が伸びる要因が揃っているのに、姿勢が悪いというお陰で背骨が歪み、猫背になってしまいます。

yoga

1時間に1回の休憩を約束にゲームをすること

ゲームの普及で、ゲームを取り上げるのは難しいことだと思われますし、子どもたちの間でゲームが流行っているのですから、それを奪ってしまうと楽しみも一緒に遊ぶ友達もなくなってしまいます。

ですから携帯やスマートフォンをやめさせるというのは酷な話です。しかし姿勢はよくしておきたい。この難題にぶつかるわけです。

もし、ゲームをするのであれば、正しい姿勢で行うのがルールだと決めておきましょう。もしくは1時間に1回は休憩をいれること、ストレッチをすること、などの約束事をさせておきましょう。

すると1時間に1回は背骨がまっすぐストレッチされた状態になりますから、そのまま固まって猫背になることもありません。背が伸びる方法としてもストレッチは役立ちますよ。